« 梅の開花情報①   那須周辺・定点観察2013.3.9 | トップページ

2013年3月17日 (日)

梅の開花情報②   那須周辺・定点観察2013.3.16

サクラとウメは

つぼみの段階でも

花のときでも

遠くからではなかなか見分けがつきにくい。

同じ「バラ科」の植物。

だけど

大きな違いは

「ウメはサクラより咲く順番は早い」ということ。

品種や気候、地域のバラつきはあって

もちろん前後することはある。

けれど

性格上、ウメの方が先に開花する。

勝手な推測ではあるが

ウメは

サクラに対して

かなりのコンプレックスと

ライバル心に

燃えている植物だと考える。

「なぜ、あんなにサクラばかり注目されるのか」

小田原や

水戸など

ウメの名所も有名で

多くの方が出向かれるのは事実。

けれど

この時期

天気予報などでは

「サクラの開花情報」は取り上げても

「ウメ」はない。

お花見、というと

「サクラの下で」が一般的で

「ウメの下」とはイメージしない。

ウメは

サクラに嫉妬する。

だから

先に開花してしまうのだろう。

よい香りを

振りまいてくれるのだろう。

ただ

ウメは

花見とは言われなくても

「観梅」という言葉を使う。

観桜、よりも

なじみがあるはずだ。

観梅。

実にいい言葉。

ウメは

サクラよりも

冬芽が小さい。

だから

開花も早く

ゆえに

満開も

散るのも

早い。

サクラとともに

都市公園のウメ

観梅への

いざないです。

① 矢板市・長峰公園の「隣接する民家の」梅

P1030591_r

P1030593_r

② 大田原市・龍城公園

P1030679_r

P1030678_r

城址の入口近くに2本の梅の木がある。

角度を変えてみると

木自体がピンク色になっているのが確認できた。

この木に関してはまだ開花はしていなかった。

③ 那須町・歴史探訪館

P1030740_r

P1030741_r_2

ようやく非公式ながら「開花宣言」。

④ 大田原市・黒羽城址公園駐車場

P1030747_r

ここには

梅の並木があり

中央に見えるコーナーの1本が

もっとも早く開花する。

P1030748_r

⑤ 那珂川町・馬頭公園

P1030772_r

P1030774_r

入口、正面にある1本の梅も

ようやく開花。

来週は満開になっているだろうか・・・

⑥ さくら市・喜連川・早乙女の桜並木

P1030807_r_3

日陰になっているおかげで

うっすらと木が白くなっているのが

遠くからでも確認できた。

咲いている。

P1030809_r

ほんのわずかだが

咲いていた。

早乙女の桜並木は

風の通り道。

土手下の

梅の木も

強い風にさらされて

けれども

暖かい気候に恵まれて

ひっそりと

その花弁を広げていました。

また来週

お会いしましょう。

ここで。

« 梅の開花情報①   那須周辺・定点観察2013.3.9 | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1609272/50804176

この記事へのトラックバック一覧です: 梅の開花情報②   那須周辺・定点観察2013.3.16 :

« 梅の開花情報①   那須周辺・定点観察2013.3.9 | トップページ